航空会社の評判

【ハワイに便利】ハワイアン航空でリーズナブルな旅行を楽しむ方法

ハワイアン航空は日本とハワイ・ホノルル空港間を就航している航空会社です。そのメリットはリーズナブルにハワイ旅行が楽しめる点です。

さらにプラチナステータスを目指しやすいという特典もあります。ハワイや周辺の島々によく行くのであれば、是非ともマイレージプログラムに登録しましょう。

マイル博士
マイル博士
ハワイアン航空提携のクレジットカードを利用すればチケットが安く買えるというメリットもあるぞ。

ハワイアンエアVISAカードを持っていれば、日本発の航空券を割引価格で買うこともできます

ハワイによく行く方、これからハワイに行く方はハワイアン航空でマイルを貯めると良いですね。今回はあえてハワイ旅行にハワイアン航空を利用するメリットをご紹介していきましょう。

ハワイアン航空の就航路線

ハワイアン航空はハワイを中心に就航路線を組んでいる航空会社です。ハワイへのパッケージツアーに申し込む場合、指定の航空会社とされることもある航空会社ですね。

日本発のハワイ便は羽田、成田、関西、新千歳から飛んでいます。日本から近いところだとソウルの仁川空港からもフライトが出ていますね。

日本周辺ハワイ周辺
羽田空港ハワイ・ホノルル空港
成田空港
関西空港
新千歳空港
仁川空港(ソウル)ハワイ・ホノルル空港
羽田空港ハワイ・コナ空港

さらにコナ島やマウイ島など、ハワイの周辺諸島に行く場合もホノルルから乗り継ぎ便が出ています。何気に羽田空港からはコナ島への直行便もありますね。

リンク:ハワイアン航空のHP(運航路線)

そのような訳で、日本からハワイ旅行に行く場合、使われることの多い航空会社となっています。

ハワイアン航空のハワイ便に乗るメリット

ハワイに行く場合、JALやANAでなく、あえてハワイアン航空を利用するメリットがいくつかあります。

助手くん
助手くん
博士。わざわざハワイアン航空を使うメリットってなんですか?
マイル博士
マイル博士
いくつかあるぞい。説明していこうかの。

まず、航空券が日本の航空会社よりも安く設定されています。ただ、安いだけでなく、その他のメリットも存在します。具体的に紹介していきましょう。

ビジネスクラスの航空券が安い

ハワイアン航空を利用する場合、ビジネスクラスのチケットが他社よりも安いというメリットがあります。ざっと以下の表で比較してみましょう。

※価格は一例です。時期によって変動します。
航空会社ハワイアン航空ANA
ビジネスクラス
羽田~ホノルル
233,330円440,370円
エコノミークラス
羽田~ホノルル
88,330円114,870円

航空券の価格は一例です。当然ながら、航空券の価格は時期によっても変動します。ただ、やはりハワイアン航空が安く収まるという構図に変わりはありません。

ビジネスクラスでも1人30万円以内の予算に納まります。よりリーズナブルな価格でハワイに行きたい。そんな方に人気の航空会社です。

成田・羽田でサクララウンジが使える

ビジネスクラスであれば、JALのサクララウンジを使うことも可能です。ハワイアン航空はJALと提携していて、空港のVIPラウンジも相互に利用可能になりました(2018年~)。

マイル博士
マイル博士
ハワイアン航空のチケットでもサクララウンジが使えるようになったぞ。
助手くん
助手くん
僕も空港ラウンジは大好きです。あそこのカレーはおいしいんですよ。

国内でサクララウンジを利用可能な空港は、羽田空港と成田空港です。旅行前のリラックスしたひと時を楽しみたいのであれば、割安なハワイアン航空のビジネスクラスを利用するのも一つの手です。

エリートステータスを目指しやすい

他の航空会社と同様に、ハワイアン航空にもエリートステータスが用意されています。ただ、他の航空会社と異なる点はエリートステータスの敷居が低いことです。

エリートステータスの中でもゴールド会員を目指す場合、その条件は以下の通りとなっています。

  • ハワイアン航空で30区間の利用
  • ハワイアン航空の利用で20,000マイルの獲得

「20,000マイルの獲得」という条件は現実的に狙える条件です。というのも、日本~ホノルル間のフライトで獲得できるマイルが3,800~4,000マイルもあるからです。ざっと計算して5回もハワイに行けば貯まる計算です。

エリートステータスの資格を受け取れば、マイルの加算率が増加したり、座席のアップグレードが可能になったりとメリット満載です。頻繁にハワイに行く方は狙ってみる価値ありのプログラムとなっています。

特典航空券が取りやすい

そしてもう一つ。マイラーに取って大きなメリットがこちら。特典航空券の予約が非常に取りやすいことです。

JALやANAの特典航空券は競争率が激しいという現状があります。マイルを貯めても空席キャンセルの申し込みをしなければならないのです。もちろん、この空席キャンセルが通れば全く問題はありません。しかし、現実問題としては諸事情(*)によりJALやANAのキャンセル待ちは空きがでない状況が続いています

助手くん
助手くん
ANAやJALの特典航空券って予約できないんですか?
マイル博士
マイル博士
うむ。現実的には厳しいの。半年先まで予約一杯じゃ。

(*)JALやANAは特典航空券の枠を2~3枠程度に限定しているようです。このため、特に人気のハワイ路線ではなかなか予約が取れません。取れるとすれば、一般販売枠が解放される2~3週間前になることでしょう。

ハワイアン航空なら特典航空券が一か月前でも予約可能です。もちろん、直前の予約の方が取りやすいのは日本の航空会社と変わりありません。

ハワイアン航空はマイルの購入も可能

さらにハワイアン航空の場合、マイルの購入も可能です。購入レートは1ドル=2マイルです。以下のページから購入可能となっています。

リンク:ハワイアン航空のマイル購入ページ

ハワイアン航空なら特典航空券を使った旅行も計画が立てやすい。これが大きなメリットです。

ハワイアン航空提携のクレジットカードでチケットの割引購入も

さらにハワイアン航空と提携しているハワイアンエアVISAカードを利用すれば、日本初のハワイ便が割引価格で購入できるというメリットもあります。

ハワイアン航空のゴールドカードはマイル還元率が魅力的

ハワイアンエアVISAカードはハワイアン航空と三井住友VISAカードがコラボしたクレジットカードです。マイルの貯まりやすさはもちろんのこと、ハワイへのチケットが安く購入できるというメリットもあります。

ボーナスマイル1,000マイル
(入会・継続時)
マイル還元率通常:1%
航空券購入時:2%
特典ハワイアン航空のチケットを割引価格で購入可能
年会費(ゴールド)税抜3,000円+税
入会資格原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方

入会・継続時にボーナスマイル

ハワイアンエアラインズVISAカードは、入会時と毎年の継続時にボーナスマイルが付与されます。ボーナスマイルの量は基本的に1,000マイルです。ただ、ゴールドカードであれば2,000マイルが付与されます。

年2回の空港ラウンジが利用可能

通常はビジネスクラス以上でないと利用できないVIPラウンジに年2回まで入ることができます。エコノミークラスでも利用可能です。

日本~ハワイ間のフライトチケットを割引価格で

そしてチケットの割引購入です。ハワイアンエアラインズVISAカードを持っていれば、日本初のハワイ便航空券を安く購入することができます

以上の通り、ハワイアン航空を利用するならハワイアンエアラインズVISAカードは非常にお得な1枚となっています。ハワイ旅行にリーズナブルに行きたい。そんな方に人気のクレジットカードです。

ハワイアンエアVISAカードの申し込みはこちらからどうぞ。

ハワイアン航空を利用するメリットまとめ

以上の通り、今回はハワイ旅行にハワイアン航空を利用するメリットをご紹介してみました。以下に要点をまとめます。

要約リスト
  • ハワイアン航空は日本の羽田、成田、関西、新千歳空港からハワイに直行便がある。
  • 日本では珍しい、日本発のコナ航空への直行便もある。
  • ハワイアンエアラインズVISAカードを持っていれば、割引価格でチケットを購入することも可能。
  • ビジネスクラスの料金が他社より安いことも嬉しいポイント。

何気にJALとマイレージプログラムを提携しているので、JAL便に乗ってマイルを貯めることも可能ですね。お近くの空港からフライトが出ているのなら、是非とも使ってみたい航空会社です。

お時間ある方は、是非とも関連記事をご覧ください。

マイルを貯めるならポイントサイトを活用しよう
ハピタスでポイントを貯めて海外旅行のマイルに交換しよう

目標は年間20万マイルです。ハピタスで貯まったポイントはANAやJALのマイルに交換することができます。